糖質を減らすことと運動をすることも大事!

糖素減・飲み方

せっかく糖素減を買っても、きちんとした使い方をしなければ、何の効果も実感できないことがあります。

基本的な飲み方は、こうです。

「1日に5~7粒を目安に2~3回に分けてお召し上がりください。」

糖素減を毎日5粒ずつ飲んだ場合、1日に約5本相当の蘭山苦瓜を摂取することになるそうです。

これ以上の糖素減は飲み方に関する説明はありませんが、より効果的な飲み方があります。

まず、毎食時の食前か食中に飲むということです。

簡単なのは、1回2粒で1日6粒という飲み方です。

血糖値が上がりやすいのは食後です。

だから、食前か食中に糖素減を飲んでおくことで、血糖値の上昇を抑えるということです。

次に、食事に占める炭水化物(糖質)の割合を減らすということです。

そもそも摂取する糖質の量が少なければ血糖値は上がりにくくなります。

食べる順番も、①野菜→②肉・魚→③炭水化物とすることで、糖の吸収をおだやかにすることができます。

最後に、運動です。

運動といっても、早朝に1時間もジョギングやウォーキングをする必要はありません。

食後の血糖値が上がりやすいときに、15分程度軽めのウォーキングをするだけで十分です。

これで摂取した糖が筋肉のエネルギーとして消費され、吸収されることを抑えることができます。

糖素減を飲む飲まないにかかわらず、食事の糖質を減らすことと、食後の運動は血糖値対策にかなり有効です。

>>> 糖素減の詳細・購入(公式サイト)はこちら








【参考記事】
糖素減で血糖値対策※口コミ・効果・最安値価格【楽天・Amazon】